阪神

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県西宮市門戸西町の路地に地蔵堂を見つけた。古めかしい木格子の中で、石の地蔵が前垂れを掛ける。真向かいの神呪(かんのう)町は織田信長に焼かれたとされる「神呪寺」に由縁ある地だ。呪いと聞くと…、まさか怪談!?

 管理する近くの奥村浩さん(61)が特別に開けてくれた。その前垂れを外してみて、背中がゾクッ…。地蔵の腹部が横一線に裂けているではないか。

 その名も「腹切地蔵」。「出産や手術の時にお参りに来るんですよ」と奥村さん。建立時期は分からないが、腹に関わる病気を治してくれると伝わる。

 名前の怖い「神呪」も意味は「ありがたい呪文」という。温かい気持ちになって、私もお願い。ぽっちゃりおなかをどうにか…(名倉あかり)

★神戸新聞公式ツイッターはこちら

阪神の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ