阪神

  • 印刷
第3師団の師団長に着任した梶原直樹氏=伊丹市の千僧駐屯地
拡大
第3師団の師団長に着任した梶原直樹氏=伊丹市の千僧駐屯地

 近畿2府4県を管轄する陸上自衛隊第3師団(兵庫県伊丹市)の師団長に23日付で着任した梶原直樹氏(54)の着任式が24日、同市の千僧駐屯地で行われた。

 梶原氏は東京都出身。防衛大学校を卒業し、1988年に入隊した。東北方面総監部幕僚副長、統合幕僚監部防衛計画部長などを歴任。陸将への昇任と同時に第3師団長に就いた。

 第3師団には戦車大隊や飛行隊などに約5千人が在籍する。着任式には隊員約830人が出席。梶原氏は「安全保障環境は一層厳しさを増し、大規模災害への懸念は大きくなる一方で、自衛隊に対する国民の期待は高まっている。期待に応えられているかを問いかけつつ職務に当たってほしい」とあいさつした。

 式後の会見では「この地域の防衛、警備が日本の安全保障の前提になってくる。即応して任務を果たす部隊をつくる」と抱負を語った。また、災害の備えに対しては「過去のさまざまな教訓に基づき計画を立て、訓練の場で実効性を検証しながら改善していく」と話した。(大盛周平)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ