阪神

  • 印刷
別添えの温泉玉子を注いでも楽しめる「焼鶏 和 KAZU」(多田桜木)のサラダ(川西市商工会提供)
拡大
別添えの温泉玉子を注いでも楽しめる「焼鶏 和 KAZU」(多田桜木)のサラダ(川西市商工会提供)
里山の色彩を表現。鶏肉はみそ漬けに仕上げた「居食屋 わいるどふぁーむ」(平野)のサラダ(川西市商工会提供)
拡大
里山の色彩を表現。鶏肉はみそ漬けに仕上げた「居食屋 わいるどふぁーむ」(平野)のサラダ(川西市商工会提供)

 「日本一の里山」と呼ばれる兵庫県川西市黒川地区をイメージした「かわにし里山 からだにイイ・サラダ」を市内の飲食店6店がそれぞれ開発した。里山の貴重なタンパク源の鶏肉や季節の野菜など10種類以上の食材を盛り付け、オリジナルドレッシングを使うなどルールを設定。こだわりの6品はそれぞれ10月末まで、各店舗で提供される。(伊丹昭史)

 食で川西市をPRしようという市商工会の企画で、昨秋と今春には各店舗が期間限定のパスタを開発して提供。第3弾の今回は、かつて里山では大切な客を季節の野菜や鶏肉の料理でもてなしたことから、ヘルシーさもアピールできるサラダを採用した。

 ターゲットは、京阪神に住む健康や美に関心が高い30~40代の女性と、体形は気になるが居酒屋で飲みたい40~60代の男性。希望した市内6店舗がそれぞれ新メニューを開発した。

 「割鮮 Nampu(ナンプウ) もとき」(同市栄根)は19種類の秋の食材で紅葉の里山を表現。「海鮮 祭」(同市小戸)はポテトサラダでイガグリ、細いキュウリで猪名川を表した。「炭火焼居酒屋 勝」(同市栄町)はサラダにあぶったチーズをとろりと掛けた。「鳥処 福笑」(同市小花)は里山の野菜などを炭火で焼いた。

 市商工会は「季節の変わり目で使う野菜も少しずつ変わる。ドレッシングも個性があるので各店舗を回って楽しんでもらえたら」としている。各店の情報は市商工会ホームページで紹介。同会TEL072・759・8222

阪神の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 20℃
  • 16℃
  • 70%

  • 24℃
  • 16℃
  • 70%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ