阪神

  • 印刷
市場で使われている手押し車(ネコ)でタマネギの運搬を体験する子どもら=西宮市池田町
市場で使われている手押し車(ネコ)でタマネギの運搬を体験する子どもら=西宮市池田町

 仕事を体験したり、昔ながらの道具に触れたりして、西宮市卸売市場(兵庫県西宮市池田町)の魅力を知るイベント「『おろいちクイズラリー』-市場の裏側、のぞいてみ隊!」が29日、同市場で開かれた。参加した市内の親子連れ9組は、市場の人らの話も聞きながら、普段はなじみの薄い「西宮の台所」への理解を深めた。(初鹿野俊)

 関西学院大社会学部の大岡栄美准教授ゼミが老朽化のため今後建て替わる同市場を広く知ってもらうために企画し、今回が第1弾。この日はまず、同市場の中島昌彦事務局長が“おろいち”の役割について、農家ら生産者とスーパーなど小売店をつないだり、学校給食の食材を扱ったりしていることなどを説明した。

阪神の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 7℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 10%

  • 12℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ