阪神

  • 印刷
勢いよくスタートを切る男子1区の選手ら=西宮市の武庫川河川敷
拡大
勢いよくスタートを切る男子1区の選手ら=西宮市の武庫川河川敷
後続を引き離してゴールテープを切る男子・塩瀬の大西晴己選手=西宮市の武庫川河川敷
拡大
後続を引き離してゴールテープを切る男子・塩瀬の大西晴己選手=西宮市の武庫川河川敷
混戦を抜け出しゴールする女子・塩瀬の山中愛結選手=西宮市の武庫川河川敷
拡大
混戦を抜け出しゴールする女子・塩瀬の山中愛結選手=西宮市の武庫川河川敷
2連覇を達成した塩瀬の男子選手=西宮市の武庫川河川敷
拡大
2連覇を達成した塩瀬の男子選手=西宮市の武庫川河川敷
4年ぶりの頂点に立った塩瀬の女子選手=西宮市の武庫川河川敷
拡大
4年ぶりの頂点に立った塩瀬の女子選手=西宮市の武庫川河川敷

 阪神中学校駅伝競走大会(神戸新聞社など後援)が2日、兵庫県西宮市の武庫川河川敷特設コースで開かれた。男子(6区間18キロ)、女子(5区間12キロ)ともに塩瀬が頂点に立った。塩瀬は7年ぶりのアベック優勝で、男子は2連覇、女子は4年ぶりの栄冠。男女ともに上位8チームが16日に同県豊岡市で行われる県大会への出場権を獲得した。

 男子の塩瀬は2区でトップに立つと、3~5区が区間賞の快走で独走状態に。2位に約2分差をつけて快勝した。昨年4位の猪名川が中盤以降に巻き返して2位。3位の園田は、2区の西森市直選手(3年)が区間新記録の9分25秒で走り、前回6位から躍進した。

 女子は上位3チームが4秒差以内でゴールする大激戦に。塩瀬は最終5区に4位でたすきを渡したが、アンカー勝負を制した。1区でトップに立った宝梅は、わずか3秒差で2位。3連覇に挑んだ鳴尾は終盤追い上げたが及ばず、3位だった。

 県大会出場校は、上位3校のほか、男子は学文、瓦木、東谷、甲武、南ひばりガ丘。女子は上ケ原、小田北、学文、伊丹東、甲武。(山本 晃)

阪神の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 14℃
  • 0℃
  • 10%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ