阪神

  • 印刷
西宮市の重要有形民俗文化財に指定された漁労用具(同市教育委員会提供)
西宮市の重要有形民俗文化財に指定された漁労用具(同市教育委員会提供)

 兵庫県西宮市教育委員会は、昭和20~40年代に西宮沖の漁で使われていた釣り針やタコつぼ、ウキなどの用具446点を市の重要有形民俗文化財に指定した。漁師が受け継いだ技術に基づく伝統的用具と、化学製品を取り入れた用具が混在するのが特徴。市教委は「西宮の漁業の変容を知ることができる貴重な資料」とする。

 市沿岸部では江戸時代以降、サクラダイやシロウオが水揚げされるなど漁業が盛んだったが、近代化で海洋汚染が進み、漁獲量が減って衰退した。西宮沖の埋め立てや港湾整備も進み、市漁業協同組合は1972(昭和47)年に漁業権を放棄し、解散した。

阪神の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ