阪神

  • 印刷
街中を歩いて、「津波避難ビル」の看板を確認する参加者たち=西宮市笠屋町2
街中を歩いて、「津波避難ビル」の看板を確認する参加者たち=西宮市笠屋町2

 津波からの避難方法を体験しながら学ぶ催し「防災ふれあいウォーク」(神戸新聞社など後援)が17日、兵庫県西宮市内で開かれた。地域住民ら約20人が、実際に津波による浸水が予想される区域を歩いて、防災への関心を深めていた。

 災害への備えを意識してもらおうと、同市のNPO法人「日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)」が主催。地元の武庫川女子大や大阪大の学生ら約30人が内容の企画や運営に携わった。

阪神の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ