阪神

  • 印刷
毒キノコの一種「カキシメジ」(厚生労働省ホームページより)
拡大
毒キノコの一種「カキシメジ」(厚生労働省ホームページより)

 兵庫県西宮市保健所は20日、同市内の男性(68)が毒キノコの一種「カキシメジ」を食べて、食中毒になったと発表した。男性は嘔吐(おうと)や下痢などの軽症で、快方に向かっているという。

 同保健所によると、男性は今月17日、三木市福井の三木山森林公園で野生のキノコを採取。翌日昼に自宅でバター炒めにして食べたところ、約2時間半後に嘔吐や下痢の症状が出た。

 連絡を受けた同保健所が残っていたカキシメジを調べて食中毒と判断した。

阪神の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ