阪神

  • 印刷
「くすのき通り食堂」で提供する定食と細谷文雄さん=川西市南野坂1
拡大
「くすのき通り食堂」で提供する定食と細谷文雄さん=川西市南野坂1

 手作り雑貨や創作和食を販売、提供している兵庫県川西市南野坂1の「雑貨工房blank(ブランク)」代表で、元小学校教諭の細谷文雄さん(62)が11日から毎月1回、同工房で1人暮らしの高齢者向け食堂「くすのき通り食堂」を開く。採算度外視の1食200円(1人暮らし高齢者以外は500円)。家に閉じこもりがちなお年寄りに外出の機会をつくる狙いで「ご近所の交流の場になれば」と意気込む。(伊丹昭史)

 細谷さんは尼崎市出身。大阪府池田市で送った30年余りの教職員生活では、一貫して障害児教育に携わった。転機は50代で見つかった心臓の異常。「体調を崩して、年度途中で辞めれば迷惑をかける」と57歳で早期退職した。

 その後、言語聴覚士の資格を生かしてデイサービス施設などで勤務。高齢者の「何かしたい」との思いに接した。長年かかわった障害児たちの老後も気になっていた。そんな人らの居場所をつくれないかと約5年前、自宅の庭に同工房をオープン。ご近所に支えられて1人で暮らす実母の姿などをヒントに、新たに高齢者向けの食堂も企画した。

 食堂を開くのは毎月第2水曜の午前10時~午後8時。メニューは定食1種類で、11日は鶏胸肉のスティック塩焼きや小鉢など。20食を用意する。1人暮らしかどうかは自己申告。全10席に相席で座って交流を深めてもらう。

 心臓の異常が分かってからは「明日死ぬかもしれない」と思って生きてきた。だから店舗経営はまだ試行錯誤でも「いいと思ったことは、すぐやりたいんです」とほほ笑む。「将来は技術や経験を持ったお年寄りたちと、世に役立つ物を開発して販売したい」と夢も膨らませる。

 阪急バス停留所「南野坂」からすぐ。普段は昼夜各1組限定の予約制で料理を提供している。

阪神の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 20%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

お知らせ