阪神

  • 印刷
尼崎市役所=尼崎市東七松町1
拡大
尼崎市役所=尼崎市東七松町1

 兵庫県尼崎市教育委員会は、台風接近などで警報発令が想定される場合、小中学校や幼稚園の臨時休校園を市教委が前日に一律で判断する方針を導入した。これまでは各学校園が当日に決めてきたが、子どもの安全確保に加え、共働き家庭などが送迎の段取りを早めに立てられるよう配慮した。結果的に登校園可能な気象状況になっても判断は変えない。同様の基準は昨年9月に神戸市教委が策定している程度で、先進的な取り組みという。

 災害時の休校園について、最終的な判断は「学校教育法施行規則」などにより学校園長に委ねられる。学校園で判断が分かれて混乱を生む場合もあり、各自治体の教委が判断基準を作るなどしているものの、阪神間の他市町をはじめ、当日朝や登校園後の判断としている事例が多いという。

 尼崎市も従来の基準は「午前7時に大雨、洪水などの警報発令なら休校」などで、校園長会の申し合わせにとどまっていた。近年の災害多発で各校の対応がばらつくことがあり、市教委と校長らが協議。市教委は警報発令当日の判断基準、地震時の統一基準の策定と同時に、前日判断の導入にも踏み切った。

 警報の発令が予想される際、市教委は前日午後2時までに休校園の判断を各学校園に伝え、同5時までに市ホームページなどでも告知する。気象庁の予報や神戸地方気象台とのやりとり、公共交通機関の計画運休の情報などで判断するという。昨年12月上旬に各学校園や保護者に通知した。

 市教委の担当者は「できるだけ正確に判断したいが、子どもの安全が最優先。保護者の負担軽減も考えれば、“空振り”は構わないと割り切った」と説明している。(大盛周平)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ