阪神

  • 印刷
市民が見守る中、消火訓練を実演する消防団員たち=尼崎市東七松町2
市民が見守る中、消火訓練を実演する消防団員たち=尼崎市東七松町2

 兵庫県尼崎市の「消防出初式」が12日、同市東七松町2の中央中学校であった。消防隊員や消防団員、幼稚園児ら約1500人が参加。市民が見守る中、火災現場からの救助訓練や日頃の学びの成果などを披露した。

 式では稲村和美市長が「阪神・淡路大震災から25年を迎え、得た教訓を次の世代へ引き継ぐことが次の災害へ備えになる」と式辞を述べた。同市消防局の赤川孝平局長は「いかなる災害にも真正面から向き合い、市民の安全安心を支える」と力強く誓った。

阪神の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 40%

  • 5℃
  • ---℃
  • 90%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

  • 7℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ