阪神

  • 印刷
犯罪被害者が事件後に置かれる立場を講演で話す高松由美子さん=尼崎南署
犯罪被害者が事件後に置かれる立場を講演で話す高松由美子さん=尼崎南署

 「第10回尼崎犯罪被害者支援連絡協議会」がこのほど兵庫県警尼崎南署であり、1997年に高校1年の長男聡至(さとし)さん=当時(15)=を集団暴行事件で亡くした高松由美子さん(65)=同県稲美町=が講演した。市や市内の警察3署の関係者ら約30人を前に、「遺族は一生同じ気持ちを持ち続ける」と切れ目のない支援を呼び掛けた。

 同協議会は2000年に発足し、2年に一度会合を開く。高松さんは犯罪被害者を支援する団体の設立にも携わり、講演では「『息子を返せ』という思いと、助けられなかった無力感は当時と一緒」と話した。

阪神の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ