阪神

  • 印刷

 兵庫県宝塚市は3月8日、ラジオの特別番組を聞きながら、阪神・淡路大震災で被災した地域や避難所に指定された場所をスタンプラリー形式で巡る「宝塚防災ラジオde(で)ウォーク」を開く。800人で市内約6・5キロを歩くイベントで、参加希望者は19日までに申し込む。

 3月11日に起きた東日本大震災の発生時期に合わせ、阪神・淡路と東日本大震災をつなぎ、防災に生かそうと企画された。スタート地点の阪急宝塚駅前「宝塚ゆめ広場」(同市栄町2)で午前10時~同10時半に受け付けを済ませ、川面会館、売布小学校、ぷらざこむ1、旧和田家住宅、オアシス宝塚、中央公民館を通って、末広中央公園(同市末広町)を目指す。ゴールの会場には、炊き出しや仮設足湯、防災ブースがある。

阪神の最新
もっと見る

天気(4月3日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 20℃
  • 2℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ