阪神

  • 印刷
西宮市役所=西宮市六湛寺町
拡大
西宮市役所=西宮市六湛寺町

 2013年に西宮市立中央病院(兵庫県西宮市)で肺がんの治療を受けた男性患者=当時(69)=が手術後に死亡し、遺族が同市に損害賠償を求めた訴訟があり、西宮市は、遺族に和解金など270万円を支払う方針を固めた。

 同病院によると、男性患者は13年11月、肺の上葉を摘出する手術を受け、上大静脈から出血。出血性ショックによる低酸素脳症が原因で肺炎を起こし、手術の6日後に死亡した。遺族は「出血は担当医の過失が原因」として16年1月、市に約3600万円を支払うよう神戸地裁尼崎支部に提訴した。

 市側は「出血は予測できない合併症が原因」と反論して争ったが、今年1月に同支部から、手術で死亡したことに遺憾の意を表する▽和解金250万円を支払う▽訴訟費用の一部(20万円)を負担する-などの和解案が示され、応じることにした。

 同病院は「医師に過失はなかったと考えるが、裁判の長期化を避けるために判断した」としている。

 同市は和解に関する関連議案を19日に開会する市議会定例会に提出する。(初鹿野俊)

阪神の最新
もっと見る

天気(4月3日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 20℃
  • 2℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ