阪神

  • 印刷
隆宣寺住職の松本良光さん=尼崎市昭和南通9
拡大
隆宣寺住職の松本良光さん=尼崎市昭和南通9

■隆宣寺住職・松本良光さん(兵庫県尼崎市)

 「頑張れたことって大きな収穫やで」「お寺に参るとマイル(功徳)が貯まる」-。尼崎市の隆宣寺。境内正面の掲示板に貼られるポスターはひと味違う。しゃれや関西弁を交えて、毛筆でやわらかく仏教の教えを説き、メッセージにはかわいらしいネコのイラストが添えられる。2016年の11月から住職を務める。

 祖父、父とも隆宣寺の住職。4人兄弟の長男に生まれた。実家を継ぐことは意識していたが、次第に僧侶の道に閉ざされたイメージを抱き、反発した。キリスト教系の大学に進学し、学生時代はコンビニで深夜までアルバイト。伸ばした髪は赤や金色に染めた。

 卒業後、金融機関で債権回収の仕事に就いたが、司法書士になろうと退職。実家に帰り、勉強の傍ら寺を手伝った。「親の手前」と仕方なく始めたが、病気になった信徒の回復を祈り続けるうちに、「拝むことで人の役に立つことができる」と感じ、25歳で出家した。

 住職となり、寺や仏教をもっと身近に感じてほしいと願う。平易でしゃれをきかせたメッセージは「お寺の非日常なイメージを変えたい」と、宗派の指南集を自分なりに翻訳して生み出す。「人生はブーメラン」と説くなど、生活の中に仏教の教えが息づいていることを、誰が聞いても分かる表現で伝える。

 ネコのイラストは3年前、会員制交流サイト(SNS)の「インスタグラム」で投稿を始めた。掲示板用も含め、これまでに描いたネコのイラストは700を超える。最近では「自分の御朱印帳にネコの絵を描いて」と寺を訪ねる信徒以外の人も増えた。

 「動画サイトで見つけて好きになったアーティストのライブに行くように、最終的にはお寺に来る人を増やしたい。ネコの絵がその入り口になれば」。今日も笑顔で訪れる人を迎える。尼崎市在住。40歳。(山本 晃)

 ネコのイラストとやさしい仏教の教えが詰まった松本さんのインスタグラムは(https://www.instagram.com/ryoko_ryusenji/)。隆宣寺TEL06・6411・3541

阪神の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ