阪神

  • 印刷
動画一覧へ
広げた新聞紙の上に足を置き、かかとに当てる部分を折って分厚くする
拡大
広げた新聞紙の上に足を置き、かかとに当てる部分を折って分厚くする
足のサイズに合わせて、左右から甲を覆うように折る
拡大
足のサイズに合わせて、左右から甲を覆うように折る
新聞の余った部分を折り込んで靴のようにし、足の裏にガムテープを貼って補強すれば完成
拡大
新聞の余った部分を折り込んで靴のようにし、足の裏にガムテープを貼って補強すれば完成
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 家の中に散乱した食器やガラスの破片、冷たい体育館の床-。阪神・淡路大震災で、小学生だった記者も直面した場面だ。すぐに履物が用意できればよいが、なくても「新聞があれば、スリッパができる」と兵庫県西宮市の防災士、中野しづ子さん(71)は話す。

 中野さんも当時、自宅で食器棚が倒れ、家の中で子どもたちに靴を履かせて歩かせたという。ただ、土足禁止の避難所もある。冬は足元が冷える。有効なのが新聞紙のスリッパだ。

 サイズを調節して作れるのが特長で、子ども用もできる。裏や中敷きに段ボールなどを当てると強度を高められ、履いた後に全体をラップなどで巻けば、保温効果があり、冷たさも和らぐ。(初鹿野俊)

阪神の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ