阪神

  • 印刷
動画一覧へ
校門に設けられている「訓練交番」=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
拡大
校門に設けられている「訓練交番」=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
大盛りご飯でエネルギーをチャージ。団らんのひとときを過ごす=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
拡大
大盛りご飯でエネルギーをチャージ。団らんのひとときを過ごす=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
「根性坂」をフル装備でダッシュ。気力と体力を身に付ける=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
拡大
「根性坂」をフル装備でダッシュ。気力と体力を身に付ける=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
パソコンを使った書類作成の練習。正確さと迅速な対応が求められる=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校
拡大
パソコンを使った書類作成の練習。正確さと迅速な対応が求められる=芦屋市朝日ケ丘町、兵庫県警察学校

 「日本一厳しい」と、うわさに高い兵庫県警察学校(同県芦屋市朝日ケ丘町)。学生たちは、細かいルールを守りながら寝食を共にしながら、現場の即戦力となるための気力と体力を培う。警察官のイロハを学ぶ「教場」を、副校長の横田誠治さん(52)に案内してもらった。(津田和納)

 「何かご用ですか」。校門に着いた途端、制服姿の学生にぴしっと声を掛けられた。脇の看板には「訓練交番」とある。卒業後の交番勤務に向け、当番制で来客の対応などを担うという。

 「あれが根性坂です」。横田さんが指さす先には、高低差33メートルの急斜面。学生らが、金属製の盾や鉄板入りのベストなどを身に着け、猛然とダッシュを繰り返す。その重量は約15キロというから、半端ではない。

 「これが『日本一厳しい』といわれるゆえんです」。横田さんがにやりと笑う。入学当初は1往復だが、回数はだんだん増えていく。「初めは息も絶え絶えの学生が、心も体も鍛えられ、卒業時は8往復も朝飯前ですよ」

     ◇

 在籍するのは18~36歳の男女約260人。短期課程(大卒)で6カ月、長期課程(高卒など)で10カ月、同じ釜の飯を食い、切磋琢磨する。「警察官とはどうあるべきかという姿勢を学びます。無意味なようで、動作の一つ一つに意味があるんですよ」

 「お疲れさまです!」。すれ違う学生がきびきびと会釈をする。「あいさつは基本。日頃から大きな声を出す訓練をしていれば、緊急時や災害時に明確な指示ができる」と横田さん。

 剣道の授業をのぞくと、ハッパを掛ける教官の声が。「相手に一本取られることは心の隙を意味する。集中して」。現場で求められるのは、瞬時の判断力。気を抜くことは許されない。

     ◇

 寮生活は6人1部屋で、一人一人のスペースはカーテンで仕切られている。隅々まで整理整頓が行き届き、シーツの四隅もきれいに折り重ねられている。

 「教科書を並べる順まで決まってて、最初は厳しいなと思いました」。大学生っぽさの残る女子学生(23)が話す。だが、留置場を担当する警察官の言葉にはっとしたという。

 「小さなごみでも飲み込めば危険。留置人の命を安全に守るためにも、細かい部分に気付く力が必要」

 規律の徹底が、異変を察知する力につながる-。

 会社員から転職した男子学生(25)も言う。「普通の人以上に神経をとがらせないといけない。規律と知識が自分を強くすると思う」

 女子学生は少年課の警察官として非行少年に寄り添い、ラガーマンの男子学生は機動隊員として活躍したいと夢を描く。卒業はもう目前。まっすぐな瞳の先に、県民の安全を守る未来の姿を見ているようだった。

阪神の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ