阪神

  • 印刷
JR芦屋駅南地区再開発の事業費を盛り込んだ特別会計予算案の採決。原案は賛成少数で否決が決まった=26日午後、芦屋市精道町
拡大
JR芦屋駅南地区再開発の事業費を盛り込んだ特別会計予算案の採決。原案は賛成少数で否決が決まった=26日午後、芦屋市精道町

 JR芦屋駅南地区で兵庫県芦屋市が進める再開発事業について、23日の同市議会本会議で用地・補償費など約11億6900万円減額し、可決した特別会計予算の修正案。伊藤舞市長が同市で初めて「再議」を請求して招集された26日の臨時会では、前回から一転して修正案が否決され、市の原案も否決される異例の経緯をたどった。事業の先行きには暗雲が立ちこめた。

 質疑では修正案を提出した自民党、公明党、「BE ASHIYA」の3会派を中心に事業への疑問の声が上がった。公明党の徳田直彦議員は「(ペデストリアンデッキや駅舎改良など)関連事業費を含めると258億円に膨らんでいる。これ以上、上積みすることになっても当然のように受け入れるのか」と批判した上で、大半の市議から理解を得られていない状況を指摘。伊藤舞市長は「不徳の致すところ。深く反省している」と応じた。

 一方で、市は「地権者との合意点を見いだすためには予算がなければできない」と主張。議員から提案された事業費の上限額設定については応じなかった。経済効果について佐藤徳治副市長は「関係機関と種々の計画について構想は持っている。その起爆剤として再開発事業に着手した」と説明した。

 そんな中、23日には修正案に賛成した「改革維新の会」が態度を一転させた。討論で、事業の方向性や採算性が確認できたと主張。事業継続の必要性を認め、修正案への反対を表明した。本会議前に同会を脱会した1人を除いた2人が反対に回り、賛成が12、反対は9に。2人の態度変更で、修正案への賛成が3分の2を下回ることになった。

 その後、審議は市提出の予算案に移った。一般会計予算案については、修正案提出会派も「市民生活に影響を与えてしまう」として賛成に回り、原案が可決。ただ、再開発関連の特別会計予算案には反対を維持。特別会計予算は宙に浮いた形となった。

 事業の見直しは避けられない情勢で、今後の見通しは立っていない。伊藤市長は「議会の意思を重く受け止めております」としつつも「新年度からの市民生活に支障をきたさぬよう最大限努力します」とコメント。事業の見直しなどについては言及しなかった。

 傍聴席には市民ら約40人が足を運んだ。成り行きを見守った地権者の70代男性は「行政が既定路線で進めていると思っていたので見直しは当然。住民の意見に耳を傾けてほしい」と話した。(風斗雅博)

阪神の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ