阪神

  • 印刷
学校便りなどが入った封筒を机に並べる教員。机はできるだけ離して並べた=西宮市桜谷町、大社小学校
拡大
学校便りなどが入った封筒を机に並べる教員。机はできるだけ離して並べた=西宮市桜谷町、大社小学校

 新型コロナウイルスの感染拡大により、兵庫県などに国の緊急事態宣言が近く発令されることなどを受け、阪神間7市町は6日、学校の再開予定を変更し、5月6日まで休校を延長すると決めた。西宮市のみ市立高校は、県立高校と同じ4月19日までの予定。小中学校の入学式は、川西市が式典の見送りを決定。残る6市町は当初の予定通り8、9日に規模を縮小して行う。

 川西市は小中の入学式を予定していた8、9日、新入生と保護者に登校してもらい、担任との顔合わせや書類の配布などにとどめる。同市教育委員会は「事態を重く見ており、子どもたちがなるべく学校にいる時間を少なくする」と説明。ただ「『入学式はしない』ということでなく、式が今後行えないかの検討は続ける」とした。

 始業式も対応が分かれた。尼崎市の小中学校では当初7日に行う予定を撤回し、学年ごとに7~10日の4日間に分散して登校することで代用する。芦屋、川西市も式を行わず、登校日として対応。他の4市町は7日に簡素化して実施する。

 西宮市を除く6市町の小中学校は週1、2日程度の登校日を設定。児童生徒の健康状況の確認や家庭学習用のプリントなどを配布する。一方、西宮市は「警戒レベルが重くなっている状況などを踏まえ」(市教委)て登校日を設けていない。

 ただ、いずれの市町も状況によって変更がありうるとし、7日以降も調整が続けられるという。(まとめ・大盛周平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ