阪神

  • 印刷

 兵庫県川西市は11日、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、テークアウトサービスを行う市内の飲食店で使える1セット2500円分(500円分5枚つづり)のクーポン券を市民に2千円で販売すると発表した。併せて、このクーポン券1セットを生活困窮世帯の子どもたち約3500人を対象に無料配布すると発表した。市は同市商工会と連携し、5月中の配布を目指すとしている。

 クーポン券配布は困窮世帯の子どもたちを支援する目的で、対象は生活保護、準要保護世帯、ひとり親世帯などで、郵送での配布を想定する。

 市民向け販売では、計千セットを用意。テークアウトを行う市内約50店舗で購入できる予定。外出自粛の市民生活を支援すると同時に、市内の飲食店を支援する狙いもある。

 同市の越田謙治郎市長は同日、56項目の新型コロナ対策を発表。市はクーポン券事業の計約1200万円を含む関連議案を13日に開会する市議会臨時会に提出する。(大盛周平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(7月15日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ