阪神

  • 印刷
昭和初期の一庫湯の様子。カーブした川の奥に温泉宿がある(川西市教育委員会提供)
拡大
昭和初期の一庫湯の様子。カーブした川の奥に温泉宿がある(川西市教育委員会提供)
一庫湯付近の現在の様子。カーブした川の奥に石垣が残る=川西市一庫
拡大
一庫湯付近の現在の様子。カーブした川の奥に石垣が残る=川西市一庫
石垣から湧き出る「霊泉」の水=川西市一庫
拡大
石垣から湧き出る「霊泉」の水=川西市一庫
江戸時代に刊行された「摂津名所図会」に描かれた「一庫湯」の様子(川西市教育委員会提供)
拡大
江戸時代に刊行された「摂津名所図会」に描かれた「一庫湯」の様子(川西市教育委員会提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県川西市の北部、猪名川の支川(しせん)である一庫大路次(ひとくらおおろじ)川沿いに、かつて「一庫湯」と呼ばれた温泉場があった。始まりは定かでないが、江戸時代には平野湯、有馬湯と並び「摂津三湯」として知られた。

 この時代に刊行された「摂津名所図会(ずえ)」に当時の様子が記されている。川を臨むように石垣があり、その上に湯屋(ゆや)と2階建ての泊屋(とまりや)がある。湯屋からは煙がたなびいている。「霊泉を浴屋(よくや)へくみ入れ、湯にして浴さしむ」との記述があることから、湧き出た水を沸かしている煙との説もある。

 現場から1キロほど西にある慶積寺(けいしゃくじ)(川西市一庫3)の住職、木田覚照(かくしょう)さん(77)は昭和20年代、小学生だった頃に温泉宿を訪れた記憶がある。「同級生がそこの息子で見舞いに行った。部屋に通されるとき、建物の奥に階段がいくつもあって、建物自体が階段状になっていたことは覚えている」。その後、この温泉宿は廃業し、川向かいで豆腐料理店を営んでいたという。

 そんな風景は、洪水調整と人口増に伴う飲み水を確保するために計画された「一庫ダム」によって一変する。一部の家はダムによってできた貯水池に沈み、付近には立派な道が敷かれた。ダムは16年の歳月をかけ、1983(昭和58)年に完成した。

 一庫ダム管理所(川西市一庫)から、一庫湯があった一帯を見下ろすと、「摂津名所図会」と同じように、川沿いに石垣が並んでいる。ただ、近づくと温泉宿のあたりは「一庫上ノ畑公園」になっていた。温泉街の往時をしのぶものは見当たらない。まさに「幻の名湯」と言える。

 「実は…」と語るのは、一庫ダム管理所の斉藤光悦(こうえつ)所長代理。ダム管理の一環で2017年11月、川ののり面の石垣から湧き出た水の成分を分析した。その結果、温泉法に基づく温泉の成分に適合する水であることが分かったという。

 さらに、湯治場によくある「お薬師さん」の存在も見逃せない。木田住職は「うちに薬師堂がある」と話す。温泉宿の息子で豆腐料理店を営んでいた同級生から「もう温泉もないし、寺でまつってくれないか」と頼まれ、1999(平成11)年、薬師堂は慶積寺の境内に移されたのだという。

 ダムから流れ出た渓流を眺めていると、在りし日の名湯に漬かりながら聞くせせらぎの音が耳にこだました。(中川 恵)

阪神の最新
もっと見る

天気(10月2日)

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 28℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ