阪神

  • 印刷
温泉10リットルが入った給水パック。感染予防のため従業員が車に積み込む=ホテル若水
拡大
温泉10リットルが入った給水パック。感染予防のため従業員が車に積み込む=ホテル若水

 宝塚温泉を引くホテル若水(兵庫県宝塚市湯本町)は15日から、温泉の無料提供を始める。新型コロナウイルスの感染拡大による国の緊急事態宣言を受けて同ホテルは4月から休業中。せめて家庭で温泉気分を堪能してもらおうと、車から降りずに受け取れるドライブスルー方式で“テークアウト”してもらう計画だ。

 同ホテルは4月上旬から臨時休業し、今月14日時点で5月末まで休業延長を決めている。宿泊客がいない苦境だが、小早川優社長(54)や従業員らが「地域に癒やしを与える存在であり続けたい」と企画した。

 同ホテルの露天風呂と同じ温泉で、1回最大20リットルを提供する。家庭の風呂につぎ足したり、鍋などで沸かして足湯にしたりするのを提案する。従業員が除菌、消毒を徹底した常温の温泉を正面玄関前のロータリーに準備。「3密」をつくらず、接触を減らすため、車などで来た希望者から容器を受け取り、従業員が温泉を入れて車に積み込む。

 テークアウトは5月末までを想定しているが、緊急事態宣言の解除などにより変更する場合もある。小早川社長は「もともと温泉でまちがにぎわった歴史がある。このようなときこそ、まちの財産をみなさんに届けることで役に立てれば」としている。

 テークアウトは原則事前予約。容器がない場合は10リットル用の給水パックを500円で販売する。名前、連絡先、希望水量や到着時間を午前10時~午後4時に電話(0797・86・0151)で知らせる。(大盛周平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ