阪神

  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う財政負担を軽減するため、兵庫県宝塚市と同市議会は18日、中川智子市長ら特別職5人の今年6月~来年3月までの月額給与を5~10%、全市議26人の6月支給分の月額報酬と委員会視察の経費を全額、政務活動費は半年分を削減すると発表した。

 中川市長は10%の削減で月額9万7800円。副市長は7%、教育長と上下水道事業、病院事業管理者は5%を削減する。効果額の合計は約530万円。期末手当なども減額した給与から算出する。

 議員報酬の6月分の総額は約1540万円で、政務活動費半年分は計約1250万円。委員会視察の旅費約540万円を合わせ、計約3340万円の効果を見込む。(大盛周平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ