阪神

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染拡大による減収に苦しむ店舗を応援しようと、客が代金を先払いできるサービスが、兵庫県尼崎市内で始まる。客側には、先払い金額の25%分が上乗せされたプレミアム付きの「あま咲きチケット」が贈られ、コロナ禍が落ち着いたころに応援先の店で利用してもらう。(大田将之)

 同市や地元事業者などで実行委員会をつくる「尼崎のお店まるごと応援プロジェクト」の一環。外出自粛が長期化する中、厳しい資金繰りを強いられている中小店に、いち早く現金を届け、経営を支える狙い。

 客側は、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」内に6月1日から21日まで開設される「あま咲きチケット」特設ページから、応援したい店と金額を選び、申し込む。尼崎城(同市北城内)とあまがさき観光案内所(同市神田中通)の窓口でも受け付ける。

 支援プランは、2400円、4千円、8千円の3種類。8千円プランに申し込んだ場合、1万円分のチケットがもらえる。利用は、8月1日から12月31日まで。店側には6月中旬と7月中旬の2回に分けて現金が振り込まれる。

 実行委は500店を目標に参加店も募集する。市内で飲食店や小売店、サービス業などを営む中小事業者が対象で、市のホームページや市地域産業課で登録する。市は、上乗せ分の負担やチケット制作費として1450万円の補正予算を専決処分した。

 加えて同市は、プレミアムは付かない形で先払いを受け付けるウェブサイト「尼のさきめし」も6月1日に開設する予定で、こちらの登録店も募集している。福岡市のIT企業「Gigi(ジジ)」が提供するアプリ「ごちめし」を使い、代金の先払いができる。

 いずれも店側は経費の負担なく登録できる。市地域産業課TEL06・6430・9750

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ