阪神

  • 印刷
インターネットで募った願い事を飾り付けたササ=甲子園会館
拡大
インターネットで募った願い事を飾り付けたササ=甲子園会館

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため見学会を中止している武庫川女子大学甲子園会館(兵庫県西宮市戸崎町)は「星に願いを@甲子園会館」と題し、ササ飾りの短冊に託す願い事を同館ホームページで募っている。

 同館は1930年に完成した旧甲子園ホテルの建物を活用し、同大学上甲子園キャンパスとして建築学部の学生が学ぶ。2016年から毎年7月、館内にササを置いて飾り付けている。

 新型コロナ対応で学生の登校は原則禁止、見学会も中止が続く。同館の情報発信と状況の収束を願って「星に願いを-」を開くことにした。ササの飾り付けは今月8日に始まり、同館職員が作った「アマビエ」の飾りや「学校生活の再開を願って」「おともだちとずっとたのしくあそべますように」などと書かれた短冊がぶら下がっている。ササは傷むことが予想されるため、7月7日までに取り換える予定という。

 願い事の募集は同5日まで。同館職員が出力して飾り付け、同7日にホームページで写真を公開する。同館TEL0798・67・0290

(中川 恵)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ