阪神

  • 印刷
動画一覧へ
アマビエが新型コロナウイルスを撃退するストーリーのえびす舞を披露した武地秀実さん(左)ら=西宮市馬場町
拡大
アマビエが新型コロナウイルスを撃退するストーリーのえびす舞を披露した武地秀実さん(左)ら=西宮市馬場町

 えべっさんの総本社、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)の地元にいたと伝わる人形遣い「傀儡師(くぐつし)」が演じる「えびすかき」を復活させた「人形芝居えびす座」は1日、同市の西宮中央商店街で、コロナ禍の終息を願い、疫病よけの妖怪「アマビエ」が登場する新作のえびす舞を披露した。

 人形芝居えびす座は、西宮神社に近い同商店街の振興組合で役員だった武地秀実さん(64)らが2006年に結成。復活させた人形芝居のえびすかきを時事話題も交えて上演する。

 この日は、同商店街にオープンした喫茶店「喫茶部ガレージ」(同市馬場町)の商売繁盛を願う「門付け」として登場。新作「アマビエの段」では、えびすさまがアマビエに化身し、新型コロナウイルスを蹴り飛ばすなどして撃退。えびすさまが豪快にタイを釣り上げ「世界中からコロナが消えうせ、皆が笑顔でいっぱいになることを祈って、一献いたそうかい」と杯を傾け、喝さいを浴びた。

 喫茶部ガレージの女性(39)は「福がまわってきて、パワーが出る。地元の方と交流が深まる場にしたい」と喜んだ。(小林伸哉)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ