阪神

  • 印刷
小田南公園の木々と池が「対称」をつくり出す西村浩さんの金賞作品「シンメトリー」
拡大
小田南公園の木々と池が「対称」をつくり出す西村浩さんの金賞作品「シンメトリー」
山々を一望する岡田良信さんの銀賞作品「眼下の甲山」
拡大
山々を一望する岡田良信さんの銀賞作品「眼下の甲山」
宮川沿いの街並みを写した西澤忠雄さんの銅賞作品「シーサイドタウンの春」
拡大
宮川沿いの街並みを写した西澤忠雄さんの銅賞作品「シーサイドタウンの春」
玉井勝典さんの「星空に浮かぶ尼崎城」
拡大
玉井勝典さんの「星空に浮かぶ尼崎城」

 阪神南地域(兵庫県尼崎、西宮、芦屋市)の名勝や風景を題材にした「あにあんフォトコンテスト」の2019年の入賞作品7点がこのほど決まった。3市の風景をテーマにした部門で最優秀の金賞に選ばれたのは、尼崎市在住の西村浩さんによる作品「シンメトリー」。同市の小田南公園内の池に木々が映り込んだ幾何学的な情景を捉えた。(大盛周平)

 県阪神南県民センターが地域情報総合ポータルサイト「あにあん倶楽部(くらぶ)」やガイドマップに掲載し、地域の魅力を発信する写真を募集。7回目の今回は「尼崎・西宮・芦屋の美しい風景」「城下町 尼崎」の2テーマと、両テーマ共通で会員制交流サイトを使った「インスタグラム部門賞」の3部門。計235件の応募があった。

 「-美しい風景」では、銀賞に岡田良信さん(西宮市)による西宮市の観音山からの眺望「眼下の甲山」、銅賞に西澤忠雄さん(芦屋市)が芦屋市の宮川沿いの街並みを収めた「シーサイドタウンの春」が輝いた。

 「城下町-」では、玉井勝典さん(西宮市)の尼崎城を包み込むように動く星々が幻想的な「星空に浮かぶ尼崎城」をはじめ、北川明さん(芦屋市)、●橋正晴さん(西宮市)の作品が入賞。「インスタグラム部門賞」には、カイン・ランダーさん(住所非公表)が武庫川渓谷を撮った作品が54件の中から選ばれた。

■20年の作品を20日から募集

 同県民センターは2020年の同コンテストの応募作品を20日から募る。20年1月1日以降に撮影した写真が対象で「地域の元気を伝える風景」と「阪神間モダニズムを語る1枚」、両テーマ共通で「インスタグラム部門の計3部門。「あにあん倶楽部」のホームページやインスタグラムなどから応募できる。来年1月15日まで。同県民センター県民・産業振興課TEL06・6481・7679

(注)●ははしご高。

阪神の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ