阪神

  • 印刷
店の前に設置されたササ飾り。京都アニメーションの復興を願う短冊もつるされている=西宮市甲風園1
拡大
店の前に設置されたササ飾り。京都アニメーションの復興を願う短冊もつるされている=西宮市甲風園1

 7日は七夕。人気ライトノベルからアニメ化された「涼宮ハルヒの憂鬱」に登場した「珈琲屋ドリーム」(兵庫県西宮市甲風園1)には、物語にゆかりの深い七夕にちなんで、今年も大勢のファンが訪れた。恒例のササ飾りも店の前に設置されているが、例年とは少し趣が違う。短冊の多くに、放火殺人事件があった「京都アニメーション」(京アニ)の復興を祈る言葉がしたためられている。

 同店では30年ほど前から毎年、七夕飾りを店頭に取り付けている。京アニの代表作「涼宮ハルヒ-」に登場し「聖地」として親しまれるようになってからは、常連客のファンらが取り付け準備にも参加する。

 今年は6月28日にササを掲げた。昨年7月18日に起きた事件後、初めての七夕。短冊には「コロナ終息」などとともに「京アニが復旧しますように」「京アニが大いに盛り上がりますように!!」などの願い事があふれた。事件があった京アニのスタジオは既に解体されたが、店主の細海章子さん(63)は「行き場のない追悼の気持ちをササに託してもらえたら」と話す。

 新型コロナウイルスによる自粛期間を経て足を運んだ愛知県豊橋市の会社員男性(21)は「あの火災が起きてから京アニの大切さを改めて感じる。少しでも支えになれるよう今後も作品を見続けていきたい」と語った。ササ飾りは12日まで掲示する予定という。(風斗雅博)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ