阪神

  • 印刷
協定書を手にする石井登志郎・西宮市長(右)と第一生命保険の三好浩之・神戸総合支社長=西宮市役所
拡大
協定書を手にする石井登志郎・西宮市長(右)と第一生命保険の三好浩之・神戸総合支社長=西宮市役所

 兵庫県西宮市は13日、第一生命保険(東京都千代田区)と包括連携協定を結んだ。健康増進や子育て支援、高齢者支援など11分野で協力し、地域活性化や市民サービス向上につなげる。

 西宮市役所で開かれた締結式で、石井登志郎市長は「民間のノウハウなどを生かし、よりよい西宮市になるためにご尽力いただければ」と述べ、第一生命保険の三好浩之・神戸総合支社長は「市民の皆さまが安全安心な生活を送れるように取り組みたい」と話した。

 西宮市内では第一生命保険の「生涯設計デザイナー」と呼ばれるスタッフ約70人が活動する。協定締結を受け、スタッフは認知症サポーター養成講座を受講し、特殊詐欺防止や熱中症対策を呼び掛けるチラシを配るという。

 西宮市が包括連携協定を結ぶのは3例目。第一生命保険は3年前に兵庫県と、今年に入り姫路市と同様の協定を結んでいる。(中川 恵)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ