阪神

  • 印刷
西宮市役所=西宮市六湛寺町
拡大
西宮市役所=西宮市六湛寺町

 新型コロナウイルス感染拡大の第2波以降に備え、兵庫県西宮市は、同市保健所にPCR検査を実施する機器を導入し、これまで自前ではできなかった同検査を8月から1日最大約20件可能にする態勢を確立する。

 保健所を設置する兵庫県と県内5市のうち、西宮市は唯一、独自にPCR検査できる態勢がなく、兵庫県健康科学研究所(加古川市)や民間機関に検査を委託している。

 感染多発期には、検体採取が1日で最大51におよび、委託先で検査結果が出るまで2日かかる事例もあった。迅速な判定と感染防止策につなげようと、約2060万円で機器購入や検査室改修を行い、独自の検査態勢を整える。

 また、1日最大24件の検体採取ができる「西宮市PCR検査センター」を整備する。西宮市医師会の協力で7月下旬からの運用を目指しており、補正予算に人件費など約4880万円を計上した。

 さらに8月には、介護施設などでの感染者集団(クラスター)発生に備え、自力で移動が難しい濃厚接触者らがいる場所に出向き、検体を採取する検査車も導入する。来年3月末までのレンタル費用として補正予算に409万円を盛り込んだ。(小林伸哉)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ