阪神

  • 印刷
河川敷で鮮やかな花をつけたキバナコスモス=西宮市松並町
拡大
河川敷で鮮やかな花をつけたキバナコスモス=西宮市松並町

 近畿地方でもようやく梅雨が明け、兵庫県西宮市の武庫川河川敷緑地では、キバナコスモスが見頃を迎えている。黄色やオレンジ色の花が沿道を彩り、行き交う人の目を和ませている。

 西宮市花と緑の課が毎年この時期に育てている。同市松並町から甲子園口北町までで2区画の計約3千平方メートル。以前はヒマワリなども植えていたが、近年は丈夫で暑さに強いキバナコスモスを採用している。

 強い日差しを受けた花の周りには、花粉を着けたハチがせわしなく飛び回る。川沿いの花々を眺めつつ、帽子やサングラス姿の市民らが散歩やランニングを楽しむ。

 河川敷を走っていた会社役員、男性(70)=西宮市=は「季節感があって、走っていて楽しいです」と笑顔で話した。(風斗雅博)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ