阪神

  • 印刷
救助状況を再現する西田めぐみさんと長女の彩華さんら=西宮署
拡大
救助状況を再現する西田めぐみさんと長女の彩華さんら=西宮署
心肺停止状態の女性を助けたとしてのじぎく賞を受けた西田めぐみさん(右から2人目)と長女の彩華さん(右から3人目)=西宮署
拡大
心肺停止状態の女性を助けたとしてのじぎく賞を受けた西田めぐみさん(右から2人目)と長女の彩華さん(右から3人目)=西宮署

 路上に倒れていた心肺停止状態の女性を助けたとして、兵庫県警西宮署は3日、同県西宮市の元看護師、西田めぐみさん(35)と長女の苦楽園小学校2年、彩華(あやは)さん(7)に県の善行賞「のじぎく賞」を贈った。

 めぐみさんは7月12日午後、自宅付近の路上で自転車に乗っていた女性が横転するのを目撃。すぐさま駆け付け、救急車が到着するまで心臓マッサージを行った。女性の顔は青ざめ、心肺停止状態だったという。

 女性は幼い子どもを自転車に乗せており、「同じ母親としてとにかく助けなければと必死だった」というめぐみさん。看護師の経験を生かし、片手でマッサージしながら119番し、彩華さんに「大人を呼んできて」と依頼した。

 彩華さんは近所の家のインターホンを押して助けを求めたが、不在。諦めずに広い道に出て通りかかった警察官に状況を知らせ、現場まで連れて行ったという。

 同署の難波宏明署長らは「迅速な処置がなければ非常に危ない状態だった」と感謝。賞を受け取っためぐみさんは「女性が回復したと聞いて涙が出るほどうれしかった」と話し、彩華さんも「お母さんすごい」と笑顔でたたえた。(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ