阪神

  • 印刷
ハラスメント調査委員会委員長を務める佐藤徳治副市長らから調査結果を受け取る伊藤舞市長(右端)=芦屋市役所
拡大
ハラスメント調査委員会委員長を務める佐藤徳治副市長らから調査結果を受け取る伊藤舞市長(右端)=芦屋市役所

 兵庫県芦屋市の男性幹部が複数の職員にパワーハラスメントともとれる言動を繰り返していたとされる問題で、市幹部らで構成されるハラスメント調査委員会は3日、調査結果を伊藤舞市長に提出した。結果の概要は7日に市議会へ報告するとしている。

 この問題を巡っては、昨年8月に職員約10人が市に男性幹部のパワハラ調査を求める「依頼書」を提出したとして、市議が6月の本会議で質問。市は「個別の事案はお答えできない」との答弁に終始した。

 これを受け、市は同月、市幹部らで構成するハラスメント調査委員会を設置し、調査を開始していた。調査結果を受け取った伊藤市長は「迅速かつ適切に対応していく」とコメントした。(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ