阪神

  • 印刷
仁川学院高校のグラウンドで練習する西宮タイガースの生徒ら=西宮市甲東園2
拡大
仁川学院高校のグラウンドで練習する西宮タイガースの生徒ら=西宮市甲東園2
西宮タイガースを発足させた市立西宮高校サッカー部OBの谷元希さん(左)と同部監督の大路照彦さん=西宮市甲東園2
拡大
西宮タイガースを発足させた市立西宮高校サッカー部OBの谷元希さん(左)と同部監督の大路照彦さん=西宮市甲東園2

 進学校の市立西宮高校(兵庫県西宮市)のサッカー部を全国大会出場へ導いた監督らが、小中学生向けのクラブチーム「西宮タイガース」を発足させた。教員の長時間労働問題を背景に外部指導員を招くなど部活動のあり方が変容する中、携わった教員らは「技術だけでなく教育指導もできたら」と話す。(名倉あかり)

 市立西宮高校は2011年の第90回全国高校サッカー選手権でベスト8と躍進。西宮タイガースは「地域の子どもたちに質の高い指導を」とサッカー部OBの谷元希さん(33)が発案し、現在も同校で監督を務める大路(おおじ)照彦さん(57)らが賛同して立ち上げた。

 大路さんは、残業時間短縮などで教員の部活動への関わりが制限されつつある状況を危惧。「教員の指導したいという熱意の行く場所がなくなる」とする。

 そのような教員の受け皿でもある西宮タイガースでは、大路さんら現役教員も指導に当たる。サッカーの技術だけでなく、進路など学習面のアドバイスも行うといい、大路さんは「文武両道は他のクラブチームにはない強み」と胸を張る。

 練習場所は谷さんがサッカー部の外部コーチを務めた縁から、仁川学院高校(西宮市甲東園2)のグラウンドを使用。同校の部活動に支障が出ない曜日に提供してもらっている。

 同校サッカー部顧問の竹中敏寛さん(48)は「学校とクラブチームの垣根を越え、地域の子どもたちのためによい環境は共有していくべき」と歓迎する。

 4月のチーム発足直後はコロナ禍に見舞われ、活動は休止に。休校中でもめりはりのある生活を送ってほしいと、チームのホームページで計算問題のプリントを掲載するサイトを紹介するなどした。

 現在は小学生を対象にしたサッカースクールを週2回程度開催。中学生のチームは来年1月に始動する予定で、メンバーを募集している。谷さんは「公立の市立西宮高が全国大会へ出場したように、思いがある子どもたちを全国の舞台へ連れて行きたい」と意気込む。チームの詳細はホームページに掲載。

阪神の最新
もっと見る

天気(9月29日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ