阪神

  • 印刷
動画一覧へ
ゴールパフォーマンスをカメラの前で実演する児童ら=尼崎市平左衛門町
拡大
ゴールパフォーマンスをカメラの前で実演する児童ら=尼崎市平左衛門町
ゴールパフォーマンスをカメラの前で実演する児童ら=尼崎市平左衛門町
拡大
ゴールパフォーマンスをカメラの前で実演する児童ら=尼崎市平左衛門町

 サッカー日本代表で来季からドイツ1部リーグのビーレフェルトでプレーする堂安律選手(兵庫県尼崎市出身)の得点後のパフォーマンスを考えようと、同市は12日、魚つり公園多目的運動広場(同市平左衛門町)で市内の小学生を対象にした動画の撮影会を開いた。

 今年7月に尼崎市役所を訪れた堂安選手が「新型コロナの影響で、ゴール後にハイタッチができない」と漏らし、稲村和美市長が「それなら子どもたちに考えてもらおう」と提案した。尼崎サッカー協会が、所属する15チームの約90人から募集して10作品を選定。その中から堂安選手が一つを選び、試合中に披露する。

 撮影会では、児童がダンスやアクロバットな動きを披露。小園小5年の男児(11)は「堂安選手ならドイツでも活躍する。テレビで自分のパフォーマンスを見たい」と話した。

 作品は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の尼崎市スポーツ推進課チャンネルで今月中の配信を予定している。(大田将之)

阪神の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ