阪神

  • 印刷
動画一覧へ
検温で発熱が確認されたとの想定で、薬剤師らから聞き取りを受ける避難者役の男性(左端)=尼崎市東七松町2
拡大
検温で発熱が確認されたとの想定で、薬剤師らから聞き取りを受ける避難者役の男性(左端)=尼崎市東七松町2

 新型コロナウイルスの感染拡大期に南海トラフ地震が発生したとの想定で「県・阪神地域合同防災訓練」が20日、兵庫県尼崎市や三田市など県内4会場であった。自衛隊や消防、警察など約70機関から約700人が参加し、負傷者を救助したり、避難所を設置・運営したりする訓練に汗を流した。

 県と阪神間の7市1町が主催。例年1日の「防災の日」に合わせて実施しているが、今年は東京五輪が開催予定だったため、時期を遅らせていた。

 メイン会場の尼崎市立中央中学校(同市東七松町2)では、「阪神地域で多数の被害がある模様」と緊迫した無線連絡と共に、訓練がスタートした。

 グラウンドには横転した車や倒壊した家屋を設け、閉じ込められた負傷者役の人に「大丈夫ですか」と声を掛けながら、自衛隊員らがエンジンカッターなどを使って救出。尼崎市に津波が到達すると想定される「約2時間後」を意識して迅速に負傷者を搬送した。

 体育館では、避難者を「発熱あり」と「なし」に分けて待機させる避難所開設訓練を実施。受付の検温で発熱が確認された避難者役には、防護服を着た薬剤師や看護師が「同居人に感染者はいないか」などと聞き取りを行った。

 訓練を終え、井戸敏三知事は「コロナ禍だからこそ必要な訓練。成果を共有し、いざという時に備えたい」と述べた。(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ