阪神

  • 印刷
オリジナルのコースター作りを体験する子どもたち=西宮市甲子園八番町、キッザニア甲子園
拡大
オリジナルのコースター作りを体験する子どもたち=西宮市甲子園八番町、キッザニア甲子園

 子どもの職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市甲子園八番町)は、物作りの基本を体験できる新たなパビリオン「DIYスタジオ」をオープンした。全国でホームセンターを経営する「コーナン商事」が出展し、同社の疋田(ひきだ)直太郎社長らが、24日のオープニング式典でテープカットした。

 物作り体験を通して創造性や次の手順を考える思考力を伸ばすきっかけにしてもらうためオープン。疋田(ひきだ)社長は「物作りの難しさや楽しさ、完成したときの達成感を味わってほしい」と話した。

 体験では、子どもたちはDIY教室の客として黄色のエプロンに身を包み、オリジナルのコースターを作る。四つの工程に分かれており、枠組みの木材にペンキで色を塗り、5色のタイルを自由に並べて接着剤で固定するなど、物作りの基本を学ぶことができる。

 子どもたちは、タイルの接着などに苦戦しながらも、カラフルなコースターを完成させた。西宮市立今津小学校3年の女児(9)は「きれいにタイルを並べるのが難しかった。おうちでも小さい机を作ってみたい」と笑顔を見せた。(村上貴浩)

阪神の最新
もっと見る

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ