阪神

  • 印刷
新型コロナ感染対策をしながら食材を提供する「繋がり隊」のメンバーら=西宮市上ケ原三番町(コープこうべ提供)
拡大
新型コロナ感染対策をしながら食材を提供する「繋がり隊」のメンバーら=西宮市上ケ原三番町(コープこうべ提供)

 新型コロナウイルス感染拡大で生活に困っている大学生を助けようと、関西学院大(兵庫県西宮市)の学生と西宮市社会福祉協議会、コープこうべ(神戸市)が協力して食材提供会を始めた。渡す際には学生に困りごとを尋ねて、今後の活動に生かす。(中川 恵)

 大学生が親の収入減やアルバイト先の休業などで困窮している状況に、西宮市社協が、新型コロナ禍で生計維持が難しい人に「ハート基金」を使って食品を提供するコープこうべに相談し、6月、学生を応援する事業に取り組むことを決めた。7月に関学大の寮生に声を掛け、集まった約30人がグループ「繋(つな)がり隊」をつくり、3者が協力して食材提供会などを企画した。

 繋がり隊の柴尾まといさん(19)は鹿児島市出身の1年生。3月末に入寮予定だったが地元で過ごし、週1回の対面授業もオンラインで受講した。「履修登録の仕方を聞く人もおらず、全て自己責任。毎日スマホから手が離せなかった」と振り返る。仲間をつくりたくて繋がり隊に入った。

 活動第1弾は関学大生向けの食材提供会で、米2キロと、サバ缶かコーンスープかカレーの中から1種類を無料で渡す。初回は19日に上ケ原市民館(西宮市上ケ原三番町)で実施。学生から「バイトのまかないが無くなったので助かる」などの声が寄せられ、200食を提供する予定が345食が出たという。

 次回は24日に同じ場所で、午後2~5時に行う(無くなり次第終了)。学生証と食材を入れるバッグを持参する。西宮市社会福祉協議会TEL0798・61・1361

阪神の最新
もっと見る

天気(11月30日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 12℃
  • 6℃
  • 30%

  • 15℃
  • 8℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ