阪神

  • 印刷
木村記者の質問に手を挙げる児童たち=伊丹市荒牧南3
拡大
木村記者の質問に手を挙げる児童たち=伊丹市荒牧南3

 NIE(教育に新聞を)の一環として、共同通信神戸支局の木村直登記者が12日、兵庫県伊丹市の天神川小学校で「記者ってどんな仕事」と題した授業を行った。3年生125人がクラスごとに話を聞いた。

 同校は日本新聞協会のNIE実践指定校。木村記者は「例えば『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』はなぜ人気なのか。いろいろな場所に行き、いろいろな人から話を聞き、記事を書くのが記者の仕事」と説明。「新聞には世の中で起きたありとあらゆるニュースが載っている。自分が『へぇ~』『面白い』と思うニュースを見つけ、周りの大人や友達と話し合ってみよう」と呼び掛けた。

 メモ帳やカメラ、パソコン、名刺など記者の「七つ道具」も紹介した。男児は「よく調べて間違わないように記事を書くのが大変だなと思った」。女児は「身近な話題もたくさん載っている新聞に興味がわいた」と話した。(三好正文)

阪神の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ