阪神

  • 印刷
ミニハードルの上を駆け抜ける子どもたち=尼崎市食満5
拡大
ミニハードルの上を駆け抜ける子どもたち=尼崎市食満5

 阪神間などでジュニアスポーツクラブなどを展開するNPO法人アスロン(兵庫県芦屋市)が来年4月、発達障害のある子どもらを対象とする陸上とサッカーのクラブを立ち上げる。同県尼崎市食満5のアスロンプレイスを活動拠点に、スポーツを通じた生きがいや居場所づくりの場とする。立ち上げに向けて体験会を開き、仲間とともにスポーツに励む楽しさを伝えている。

 運動療育に特化した放課後等デイサービス施設も運営する同法人。クラブは、発達が気になる小中学生を対象に、運動やチームプレーが苦手でも安心して参加できるよう、専門資格を持つスタッフらが活動をサポートする。

 28日にあった陸上の体験会には、発達障害のある小中学生ら約20人が参加した。コーチから「腕を後ろに強く振って走ろう」などと教わり、夢中で運動場を駆け回った。リレーでは3組に分かれてバトンをつなぎ、最後の走者がゴールすると拍手や歓声で迎えた。サッカー体験会もあった。

 同法人理事長の井原一久さん(53)は「スポーツは思いやりや努力の大切さなど、たくさんのことが学べる教材。発達の気になる子どもたちが、人生の壁にぶつかった際に支え合える仲間や、生涯の趣味に出合える場にしたい」と語る。

 体験会は、来年1月24日、2月28日、3月28日にも開く。いずれもアスロンプレイスで、午前10時から。同法人TEL0797・25・1684

(大田将之)

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ