阪神

  • 印刷
追悼式で献花する米津凜さん(左端)と家族=芦屋市精道町(撮影・中西幸大)
追悼式で献花する米津凜さん(左端)と家族=芦屋市精道町(撮影・中西幸大)

 阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた阪神間。あれから26年。街は美しく生まれ変わり、新しく住み始めた人たち、震災を知らない世代も多くなった。けれど-。「元気にやってるよ」「ごめんな」。17日、亡き人ゆかりの地は祈りに包まれた。

 児童8人が亡くなった兵庫県芦屋市立精道小学校(同市精道町)では17日、追悼式が開かれた。同小1年で兄の漢之(くにゆき)君=当時(7)=と姉の深理(みり)ちゃん=当時(5)=を亡くした大学1年の米津凜さん(18)=同市=が参列し、2人の写真を前に「震災を伝えていくよ」と決意を固めた。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ