阪神

  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 15日に発表された兵庫県尼崎市の2021年度当初予算案。虐待や貧困のリスクにさらされる子どもの見守りなど、コロナ禍で顕在化した課題と向き合いつつ「誰一人取り残さない町」を目指し、子育てや教育環境の向上に軸足を置いた。

 県内で2番目に多い2300人超(他の自治体発表分を含む)の新型コロナウイルス感染者が確認されている同市。コロナ禍による休校や外出機会の減少などで、地域の見守りの目が子どもに届きにくい状況を踏まえ、「食」を通じた要保護・要支援児童の見守り拠点を置く。子ども食堂などの民間団体に運営費を助成し、市内6カ所で拠点を開設する。家庭訪問なども担い、SOSを早期にキャッチ。ケースワーカーにつなぐなど適切な対処を目指す。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 20%

  • 24℃
  • 5℃
  • 20%

  • 22℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ