阪神

  • 印刷
当選証書を受け取る風早寿郎氏(中央)と門隆志氏(右)=宝塚市東洋町、宝塚市役所(撮影・斎藤雅志)
当選証書を受け取る風早寿郎氏(中央)と門隆志氏(右)=宝塚市東洋町、宝塚市役所(撮影・斎藤雅志)

 兵庫県宝塚市長選に現職の県議2人が立候補し、自動失職したことに伴う県議宝塚市選挙区補欠選(欠員2)は、維新元職の門隆志氏(54)と自民新人の元市議風早寿郎(かざはやひさお)氏(43)=公明推薦=が、5人が立候補する混戦を制した。一夜明けた24日、門氏と風早氏に当選証書が付与され、2人は「コロナ対策に全力を尽くす」と気を引き締めた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 10%

  • 34℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ