阪神

時計2021/6/22 05:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
猪名川町役場=兵庫県猪名川町上野北畑
拡大
猪名川町役場=兵庫県猪名川町上野北畑

 兵庫県猪名川町の福田長治町長(74)の辞職願受理を受け、7月13日告示、18日投開票が予定される町長選に、現町議の宮東豊一氏(56)と元町議の中西典章氏(46)が立候補を表明して21日、記者会見に臨んだ。選挙戦になれば12年ぶり。(斎藤雅志)

■宮東豊一氏 福田町政の継承を

 宮東氏は猪名川町出身。地元の小中高校を経て大阪市内の大学を卒業し、会社員や喫茶店経営など複数の職業を経験した。2009年の町議補選では、候補者3人中トップの5620票を獲得して初当選を果たした。以来、町議として4期12年を務め、生活建設常任委員会副委員長や新名神高速道路対策特別委員会委員長なども歴任した。

 宮東氏は「福田町長が勇退する際は町長選に出ると決めていた。福田さんの後を継ぐために立候補した」と説明。人口減少傾向を止めるための市街化調整区域の活性化▽障害者が安心安全に暮らせる、すべての人に優しいまちづくり▽農業と福祉の連携による町全域の活性化-の3点を公約に挙げた。

 宮東氏は「福田町政の流れを止めず、住みたいまち、住み続けたいまち、ふるさと猪名川の実現を目指す」と強調した。

■中西典章氏 古い体質変えたい

 中西氏は同県川西市出身。スポーツ紙記者を経て2019年の町議選で初当選したが、選挙区内に居住実態がなかったとして町選管が当選無効とした。20年に最高裁で裁決が決定し、就任から1年3カ月で失職した。

 町議在任中に町長職に関心を持ち「若い力で、古い行政の体質を変えたいと考えるようになった」と立候補の理由を語った。

 主な公約として▽公共交通網を拡張して町内全域のほか神戸や大阪、京都とのアクセスの利便性を高める▽日本一のアウトドアスポーツのまちにする▽大野山や屏風岩(びょうぶいわ)、多田銀銅山などの資源を活用し観光振興を進める-の3点を挙げた。

 ほかにも町長報酬を3割カットし、行政の組織改革や喫煙者ゼロを目指すとした。「猪名川町出身ではないよそ者だからこそできることがある。町政を変えたい」と意欲を語った。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ