阪神

  • 印刷
尼崎市の特産品「尼の生醤油」
尼崎市の特産品「尼の生醤油」

 江戸時代の製法で仕込む兵庫県尼崎市の特産品「尼の生醤油」が今年も完成し、販売が始まった。塩分控えめだが、香ばしさとともにまろみのある濃い口の味わいが楽しめる逸品だ。

 江戸時代に「尼の生揚醤油」として生産が始まり、ピークの明治、大正期には北米やロシア、中国へ輸出されていたという。第2次世界大戦中の1943年、原材料の調達難によって生産が途絶えたが、市内の経営者らが85年に保存会を発足。同県たつの市の「ヒガシマル醤油」に醸造を委託して毎年この時期に復刻販売している。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ