阪神

  • 印刷
応援席でエールを送る齋藤悠人さん(右)と柴田祐輔さん=ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
拡大
応援席でエールを送る齋藤悠人さん(右)と柴田祐輔さん=ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)

 全国高校野球選手権兵庫大会で神戸国際付(神戸市)に破れた関西学院(兵庫県西宮市)。春まで背番号を付けていた3年の内野手齋藤悠人さんと投手柴田祐輔さんは今夏、メンバーから外れた。

 齋藤さんはスタメン争いに敗れ、「悔しくて、頭が真っ白になった」と振り返る。しかし、仲間は「お前の分も戦ってみせる。任せろ」と声を掛けてくれた。

 いつもペアで朝練に励んだ3年の4番山口称大選手は、齋藤さんの打撃用手袋を試合で使ってくれた。

 頂点を懸けた一戦。「相手は強い。でも、負けていたって、必ず逆転してくれると信頼できる仲間なんです」と目に力を宿し、くらいつくナインを見つめた。

    ■    ■

 柴田さんは春以降、打者を前に「打たれてしまうんじゃないかな」と怖くなるという不調に見舞われた。

 共に競い合い、高め合ってきた投手たちが、強打者に立ち向かう姿から目を離さなかった。「自分の球を信じて、思いっきり投げてほしい」。そんな思いを、マウンドに届けたかった。

 聖地へ一歩届かなかったが、すがすがしく言った。

 「最後まで全力で戦ってくれてありがとう」

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ