阪神

  • 印刷
JR芦屋駅周辺の航空写真。駅南は再開発事業を巡って芦屋市と市議会で議論が続く中、基準地価は伸び続けている
JR芦屋駅周辺の航空写真。駅南は再開発事業を巡って芦屋市と市議会で議論が続く中、基準地価は伸び続けている

 21日に発表された7月1日時点の基準地価で、兵庫県阪神南地域は住宅地、商業地いずれも変動率が県内トップとなった。新型コロナウイルスの影響で低迷していた土地取引が回復し、利便性の高い駅周辺は住宅・商業地とも顕著に伸びた一方、高台のロケーションで人気のある一部の高級住宅街では“都心回帰”の傾向から下落もみられ、二極化が進んでいる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ