阪神

  • 印刷
作品の見どころや作家の描き方の変化などについて説明する学芸員の川原百合恵さん=芦屋市立美術博物館
作品の見どころや作家の描き方の変化などについて説明する学芸員の川原百合恵さん=芦屋市立美術博物館

 兵庫県芦屋市美術博物館(同市伊勢町)で開館30周年を記念したコレクション展が開かれている。所蔵する約1500点から厳選した51作家・83作品を展示。「色彩」「空間」「線」など作品や画家の言葉から着想を得た「10のキーワード」を参考に、絵画を楽しむスタイルに仕立てている。11月21日まで。(久保田麻依子)

 芦屋市では1950年代、美術家の吉原治良氏を中心にした前衛美術の集団「具体美術協会」(具体)が結成され、若手画家の創作拠点の中心として注目されてきた。こうした背景から、企画展は現代美術の代表的な分野である絵画に焦点を当てた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ