阪神

  • 印刷
寄贈されたクスノキを楽しそうに眺める子どもたち=芦屋市精道町、精道こども園
寄贈されたクスノキを楽しそうに眺める子どもたち=芦屋市精道町、精道こども園

 「空襲に遭ってもつないできた命がここにあるよ」-。兵庫県芦屋市在住の男性(77)がこのほど、市立精道こども園(同市精道町)に1本のクスノキの若木を贈り、園児たちに語り掛けた。こども園の場所にかつて堂々とそびえながら、太平洋戦争の空襲で焼けたクスノキの「孫」にあたる木の赤ちゃんだ。(村上貴浩)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ