医療

医療トップへ
健康トピックス
神戸新聞NEXT

 国内では20万~50万人の患者がいると推定されている遺伝性の病気「家族性高コレステロール血症

 うつ病の患者がたどる道のりを当事者の視点から描いた動画を、製薬会社日本イーライリリー(神戸市

神戸新聞NEXT

 持久力がある人は、加齢による動脈硬化が食い止められている可能性があるとする研究を、国立健康・

神戸新聞NEXT

 印刷会社で働いている人に治療が難しい「胆管がん」の発症が相次ぎ、問題となっている。

養護教諭向けの冊子「いじめ対策プログラム」

 子どもの心に深刻な傷を残すいじめの早期発見法や、なくすための授業法について解説した養護教諭向

神戸新聞NEXT

 高齢者や障害などがある人にとって、車いすや寝たきりの生活が多くなると、気を付けたいのが同じ体

神戸新聞NEXT

 【WHO専門組織「可能性あり」と評価】

 携帯電話の通信に使われる電磁波をラット

 重い病気や障害で自宅療養する子どもや家族のための施設は日本で圧倒的に不足している。

埼玉医科大学総合医療センター救急科・輿水健治教授提供

 【AEDが効果、保護者は救命講習を】

 心臓しんとうの多くはスポーツ中の子どもに

 日本予防医学協会は、春から秋が活動期に当たるマダニによる感染症の知識をまとめた小冊子「マダニ

進行する白内障。上から健康な目、初期の水晶体混濁、進行した水晶体混濁(高橋浩・日本医科大教授提供)

 ■価格高く、慣れるのに時間 期待の大きさとギャップも

 目でレンズの役目をする「

神戸新聞NEXT

 突然死を招きやすい心室細動など重症の不整脈が予測される人に利用されている植え込み型除細動器(ICD)。

 医療機器輸入販売のフィリップス・レスピロニクス合同会社(東京)は、スマートフォンやタブレット

神戸新聞NEXT

 親に甘えたいのに我慢を強いられたり、自分のことを見てもらえないと孤立感を覚えたり。

NPO法人「HAEジャパン」の山本ベバリーアン理事長

 「日本に28年住んでいたが、自分がHAE(ハエ=遺伝性血管性浮腫)なんて、4年前の診断で初め

3月に発売された新仕様の「コミューン」とアクセサリー=東京都港区

 難聴の人にクリアな音声を伝えるスピーカーシステムの利用が広がっている。補聴器ではなく、話す側

 子どもの病気と対処法を学ぶ「ママとパパの医療講座」が28日~7月23日(計6回)の午前10時

 小児がんは過去数十年にわたる治療法の進歩で5年生存率が大きく上がった。米チームが米国内の約3

「節水歯磨き」で口腔ケア

 熊本地震の被災地では多くの人が避難生活を送る。避難所での暮らしが長引くと、健康面のトラブルが増えてくる。

 乳がんの早期発見の大切さを伝え、検診を呼び掛ける「ピンクリボンデザイン大賞」の作品募集が8日から始まる。

神戸新聞NEXT

 健康を守るには何をどれだけ食べると良いか-。その目安を示す「食事バランスガイド」=イラスト=

 乳児期から発症する希少難病のゴーシェ病を知り、早期診断につなげてほしいと、患者と家族でつくる

神戸新聞NEXT

 がんのつらい痛みには内臓から来るもの、転移によるもの、神経痛のような痛み、精神から来る痛み、

神戸新聞NEXT

 大地震などの災害後に増えるエコノミークラス症候群や心不全といった心臓血管系の病気予防につなげ

 大人の注意欠陥多動性障害(ADHD)が生活に及ぼす困難を実際の患者が具体的に紹介する動画「自

 医薬品医療機器総合機構は、医薬品副作用被害の救済制度に関する一般市民の認知率は3割弱だったと

神戸新聞NEXT

□和食プラス乳製品を摂取

 □適度な運動習慣も大切に

神戸新聞NEXT

 肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝は酒の飲み過ぎや肥満などが原因で起こる。単に脂肪がたまるだけでな

神戸新聞NEXT

 災害や事件、事故で亡くなった人の身元確認作業では、歯の鑑定が重要な役割を担う。

 子どもの病気への対処法を若い親に啓発する講座を、自治体や医師と協力して開いている東京の団体「

 糖尿病の新タイプ治療薬として注目されていたSGLT2阻害薬のうち、最初に発売された「スーグラ

神戸新聞NEXT

 肝炎や肝硬変などの肝臓病では、皮膚に異常はないのに強いかゆみが出ることがある。

神戸新聞NEXT

 【子どもと異なる症状 激しい関節痛や流産のリスク】

 子どもの両頬が発

神戸新聞NEXT

 「医療の値段」である診療報酬が4月に改定される。日常的な診療や薬剤情報の提供を担う「かかりつ

薬の使い方について話すかかりつけ薬剤師の篠原久仁子さん(左)と患者の菅野政司さん=水戸市

 「ちゃんと吸い込めていますか」。2月、水戸市のギャラリーを訪れた薬剤師篠原久仁子さん(53)

アルツハイマー病の男性患者(手前)を診察する西田伸一医師=東京都調布市

 東京都調布市の診療所で、男性患者(83)が恐る恐る切り出した。「やっぱり認知症なんでしょうか」。

 NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)は第12回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)を、当

 がんをテーマにした講演とシンポジウム「生かしませんか? あなたのがん体験」が26日午後1時~

神戸新聞NEXT

 歯周病は、歯を支えている歯茎や骨を口の中の菌が徐々に破壊していく病気だ。それだけでなく、菌が

職場に横付けされたがん検診車=京都市のワコール本社前(同社健康保険組合提供)

 がんになっても働ける人、生計維持のため働きたい人は多い。治療の進歩で早期がんならほとんどが就

「それゆけ!検診女子」キャンペーンのポスター(東京都提供)

 東京都は、若い女性の子宮頸(けい)がん検診の受診を増やそうと、この世代に人気のモデルら3人が

神戸新聞NEXT

 鼻ではなく口で呼吸する日本人は多い。一説には大人の半数以上、子どもに至っては8割に上るともいわれる。

神戸新聞NEXT

 人間は食べた余分なエネルギーを脂肪として体に蓄えるようにできているが、この脂肪組織が消失し、

 環太平洋連携協定(TPP)の発効により薬の値上がりが予想され、低所得国を中心に必要な薬が入手

アドバンス助産師の認証マーク

 助産師の実践的な能力を認証する新制度がスタートした。正常な経過をたどるお産については責任を持

天気(4月28日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ